日本キリスト教団

創立40周年記念 鎌倉恩寵教会 聖歌隊コンサート「讃美の歌声」より アヴェ•ヴェルム•コルプス  2008.05.18

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

...文字サイズ調整ボタン....

讃美の歌声を

「新しい歌を主に向かってうたい、美しい調べと共に喜びの叫びをあげよ」という詩編の心を
もって、鎌倉恩寵教会の聖歌隊は、毎月一回礼拝で奉仕し、神奈川教区や東湘南地区の教会音楽祭、
鎌倉市民クリスマスなどにも参加しています。

素敵なパイプオルガンと音響効果に優れた会堂で、主に向かって讃美の歌声を響かせてみませんか。

折々に行われる「教会コンサート」にも足をお運びください。

聖歌隊のあゆみ

1968.03.03
鎌倉恩寵教会伝道所の最初の主日礼拝が行われる。
1977.11.20
神奈川教区教会音楽祭が初代内藤牧師の提唱で始められる。
1981.11.05
第5回神奈川教区教会音楽祭にて滝口亮介兄編曲の讃美歌を歌う。
以後2007年まで、教区教会音楽祭のための滝口亮介兄による讃美歌
編曲は22曲にのぼる。
1984.12.08
鎌倉市内教会クリスマス音楽会(後に市民クリスマスに改称)に参加し、
現在に至るまで毎年参加。
1990.07.08
第一回東湘南地区教会音楽祭に参加。以降現在まで毎年参加。
1998.09.13
聖歌隊夏期集中練習を滝口亮介兄指揮、指導のもとに行う。
以降、毎年8月後半の主日礼拝後に行い、現在にいたる。

 聖歌隊の礼拝での奉仕は1980年頃から始まり、回数も次第に増え、現在は1月と8月を除く
 毎月第4聖日に讃美している。