日本キリスト教団

初めて教会の葬儀に出席される方々へ

キリスト教の葬儀に初めて出席される方々は、どのように参列したらよいか分からずに、戸惑われることがあります。
ご家族や知り合いがキリスト教で葬儀を行う場合には、次のような流れが中心となりますので、参考になさって下さい。

No_01.png..前夜式、葬儀の日時が連絡されたあと:会場となる教会には参列者用の駐車場がございません。
公共交通機関でルートをお探し下さい。鎌倉恩寵教会は横須賀線鎌倉駅西口から徒歩7分です。

No_02.png..仏教では「香典」を出しますが、キリスト教では「お花料」と呼びます。会場受付で記帳と同時にお出し下さい。
なお、故人やご遺族の意向で「お花料」「供花」の受付をお断りする場合があります。その際は、ご遠慮ください。

No_03.png..斎場などで行われる仏教の通夜、葬儀では、参列者は記帳と焼香だけを行って帰る場合があります。
キリスト教の前夜式、葬儀は礼拝ですから、予め告げられた時刻に教会にお越しください。
式の最初から参加をし、祈りを共に捧げて頂きます。賛美歌は初めての方もなるべくご一緒に歌って下さい。
式の最中に着席、起立などの所作がありますが、司式者が指示をします。

No_04.png..前夜式、葬儀の礼拝の最後で献花をします。係の者が案内をしますので、指示に従って花を捧げ、祈りを捧げて下さい。
献花をされた後、ご遺族の方々が通路に立たれていますので、短い挨拶、お声掛けをして下さい。
参列者が多い場合に長い挨拶をされると、後の方々に差し支えますので、ご配慮下さい。

No_05.png..葬儀の礼拝の後で火葬場に向かいます。礼拝堂の外の庭で祈りをもってお見送りをお願いします。
なお、火葬場に同行される方は、ご遺体が霊柩車に納められた後、速やかに移動のために用意されたタクシーなどにお乗りください。火葬場に同行されない方々は、そのまま帰宅となります。
ご遺族の慰めと、天に召された方の安らぎを祈りつつ、葬儀に参列されるようにお願いいたします。

教会で葬儀を希望される方へ

 ご家族や知人の中に、教会での葬儀を希望される方がおられましたら、牧師にご相談ください。
クリスチャンの方以外でも葬儀は受け付けています。また、現在、入院をされていて牧師の訪問を希望される方もご相談ください。