ホリデイ・トレッキング・クラブ

 <2021年度の標語>

「試練を耐え忍ぶ人は幸いです。その人は適格者と認められ、神を愛する人々に約束された命の冠をいただくからです。」 (ヤコブの手紙1章12節)
NEWS
主日礼拝: 毎週日曜日 午前10時30分

  • 教会学校:しばらくの間お休みといたします
  • 祈祷会 :しばらくの間お休みといたします 
REPORT

7月25日  (聖霊降臨節第10主日)
説教  「愛と赦しを着る」
渡辺誉一牧師


聖書:

洗礼を受けてキリストに結ばれたあなたがたは皆、キリストを着ているからです。

前奏:   奏楽者
招詞:   詩編124篇8節
讃詠:   28
主の祈り: (讃美歌93-5 A参照 p148)
新約聖書: ガラテヤの信徒への手紙3章26~29節(P.346)

祈祷:   渡辺牧師
 
主なる神、未だ長引くコロナ禍のために、教会に集うことが出来ない多くの方々がいます。それぞれの場にあって、等しくあなたの祝福とお支えがありますよう祈ります。そして一日も早くコロナ禍が終息しますように。
困難の中におられる方々をお守り下さい。不安の中にある多くの方々をお支え下さい。あなたの平安と希望に満ちて、歩んで行くことが出来ますように。

献身の徴:  (献金)  

讃美歌    202(1、3番)


説教:「愛と赦しを着る」  渡辺誉一牧師
 
パウロは「キリストを着ている」と表現している。他の手紙でもパウロは「朽ちないものを着」、「新しい人を身に着け」と破れや汚れの多い私たちの上にイエスと云う衣を着せていただき「お前は聖なる者だ、お前は私の子だ」と神が呼びかけて下さっていることをパウロは告げている。


祈祷
讃美歌:  523(1番)
頌栄:   24
祝祷:   渡辺牧師
報告:   司会者
後奏:   奏楽者 

 

講壇の花(7月25日)
お知らせ

 ◆   ご自宅で礼拝を守れるよう、このホームページで日曜当日の 礼拝順序 説教、前週の 礼拝動画がご覧になれます。

おすすめスポット



おすすめスポット


鎌倉恩寵教会
〒248-0017  神奈川県  鎌倉市佐助1-9-3
 
(最寄駅)
JR 横須賀線 鎌倉駅 西口   ・  江ノ電 鎌倉駅