ホリデイ・トレッキング・クラブ

 <2021年度の標語>

「試練を耐え忍ぶ人は幸いです。その人は適格者と認められ、神を愛する人々に約束された命の冠をいただくからです。」 (ヤコブの手紙1章12節)
NEWS
主日礼拝: 毎週日曜日 午前10時30分

  • 教会学校:しばらくの間お休みといたします
  • 祈祷会 :しばらくの間お休みといたします 
REPORT

9月26日  (聖霊降臨節第19主日)
説教  「軛と安らぎ」
渡辺誉一牧師


聖書:   

わたしは柔和で謙遜な者だから、わたしの軛を負い、わたしに学びなさい。

前奏:   奏楽者
招詞:   詩編100篇1~2節
讃詠:   83−1
主の祈り: (讃美歌93-5 A参照 p148)

新約聖書   マタイによる福音書11章25~30節(P.20)


祈祷:   渡辺牧師
 
主なる神 今朝も礼拝に集えない兄弟姉妹方を憶えます。それぞれの場にあって今、共に祈りを合わせることが出来ますようお導き下さい。そして主のお守りが豊かにありますように祈ります。
昨年から長引くコロナ禍故に、不安や困難な状況が続いております。どうか苦しむ人々、大変な状況にある人々をお守り下さい。なかなか出口が見えませんが、この状況が早く終息しますように。
今日から始まる新しい一週間も、主の導きのもと、歩んで行くことが出来ます様に。

献身の徴:  (献金)  

讃美歌    436(1番)


説教:「軛と安らぎ」  渡辺誉一牧師
 
マタイ福音書11章に収められているイエスの言葉の内、28節から30節はルカ福音書にはない。28節から30節はマタイ福音書だけが伝えるイエスの言葉となっている。この言葉はトマス福音書90節にあり、軛と安らぎ、安息は対になって語られている。そしてその前にくびきを負い、イエスに学ぶという条件が含まれている。


祈祷
讃美歌:  432(1番)
頌栄:   24
祝祷:   渡辺牧師
報告:   司会者
後奏:   奏楽者 
講壇の花(9月26日)
お知らせ

 ◆   ご自宅で礼拝を守れるよう、このホームページで
日曜当日の 礼拝順序 や  説教、前週の  礼拝動画 がご覧になれます。

おすすめスポット



おすすめスポット


鎌倉恩寵教会
〒248-0017  神奈川県  鎌倉市佐助1-9-3
 
(最寄駅)
JR 横須賀線 鎌倉駅 西口   ・  江ノ電 鎌倉駅