2013年 平和を考える集い

2013年 平和を考える集い

ヒロシマ・ナガサキの悲しみを心に刻む
〜フクシマの出来事が自らの内面の一部となるために〜

日時: 2013年7月28日(日) 13:30〜15:00 
場所: 鎌倉恩寵教会 map
講師:櫻井重宣(さくらいしげのぶ)牧師(茅ヶ崎教会牧師)

主催:日本基督教団鎌倉恩寵教会
               東湘南地区在韓被爆者援護署名・募金活動実行委員会

世界で唯一被爆体験をした私たち日本は、今また、福島の原発事故を経験しました。
核をなくすことは人間としての責務です。日本はその先頭に立たなければなりません。

 今年の平和聖日は、鎌倉恩寵教会で毎年行っている平和集会と夏季研修会、それに東湘南地区の平和のための活動を一つにし、櫻井重宣牧師の広島での牧会を通してのお話を聞き「平和への願い」を共にしたいと思っています。多くの皆様のご参加をお待ち致します。

鎌倉恩寵教会伝道・研修部

講師紹介

櫻井重宣牧師 (さくらいしげのぶ)

岩手県一関市で生まれる。東京教育大学、東京神学大学で学ぶ。
1969年から御器所教会、鳴海教会、
秋田楢山教会、広島教会で伝道・牧会、
2007年4月から茅ヶ崎教会に赴任。